朝のワイドショーは民放4局でこんなに違う

「とくダネ!」「スッキリ!!」などが真っ向激突

それぞれの局で魅力が異なる朝のワイドショー、あなたはどれを選びますか?(撮影:今井康一)

『とくダネ!』『スッキリ!!』『モーニングショー』『ビビッド』。通勤前の人、主婦、学生、高齢者など、視聴者層の幅が広い朝のワイドショー。民放4局が横並びのタイムテーブルで生放送をしているため、「どれも大差ない」と思われがちですが、8時台の番組はそれぞれ狙いと魅力が異なるだけに、自分に合うものを選びたいところです。

一方、制作サイドの目線としては、「ワイドショーは録画視聴がほとんど見込めない」ことから、視聴率アップや固定客の囲い込みに必死。しかし、中心となるニュースは大差ないだけに、「どのように差別化して、他番組から視聴者を奪うか?」という観点から制作しています。

現在の視聴率は、トップの『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)を『スッキリ!!』(日本テレビ系)と『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)が追いかけるという状況で、3番組はここ数年6~9%の間でしのぎを削っています。今年4月にスタートしたばかりの『白熱ライブ ビビット』(TBS系)は3%前後で、まだ試行錯誤を重ねながら浮上を狙うという段階。各番組はさらなる視聴率アップのために、どんな狙いを持って、どんな出演者で、どんなコーナーを作っているのでしょうか。

実力者の両脇に女性を据えた『とくダネ』

1994年4月スタートの『とくダネ!』は、「情報プレゼンター」と題打っているだけあって、事件・事故から社会問題、芸能まで、幅広いテーマをまんべんなく放送する正統派ワイドショーの形式を採っています。

「MC中心」というスタイルにブレはなく、トップに『小倉が斬る!ニュース』を配するなど、小倉智昭さんの存在感は絶大。しかし、昨年春から両隣に、未婚の菊川怜さんと、既婚で2人の子を持つ梅津弥英子アナの37歳のコンビを座らせて、ときに小倉さんをいさめ、ときに異を呈するなど、女性目線を入れてバランスを取っています。これを一般企業にたとえると、「影響力の強い管理職男性の両脇に、仕事のできる女性社員や秘書を置いておくようなもの。風通しのよさを感じさせるうえに、3人のコンビネーションがさまざまな視点を生み、「この人が嫌いだから見ない」という視聴者心理を回避しています。

また、コメンテーターに夏野剛さん、竹田圭吾さん、ショーンKさんなどのビジネスマンを中心に据えているのもポイントのひとつ。「今、世の中で問題になっていること」を社会的な観点からつかみたい人に最適なワイドショーと言えます。

次ページ『スッキリ!!』の特徴とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。