ミス・ユニバースはフィリピン代表に栄冠

ドイツ系のウォルツバックさん(26歳)

 12月20日、米ラスベガスで開催された第64回ミス・ユニバース世界大会では、フィリピン代表のピア・アロンゾ・ウォルツバックさんが栄冠に輝いた(2015年 ロイター/Steve Marcus)

[20日 ロイター] - 第64回ミス・ユニバース世界大会が20日、米ラスベガスで開催され、フィリピン代表のピア・アロンゾ・ウォルツバックさん(26)が栄冠に輝いた。日本からは日本人の母と米国人の父を持つ宮本エリアナさんが出場し、10位以内に入った。

ウォルツバックさんは優勝について「若者たちのために声を上げていきたい。フィリピンでHIVなどに対する注意を喚起するため役に立ちたい」と語った。

ドイツ系フィリピン人のウォルツバックさんはドイツのシュトゥットガルト生まれで、フィリピン南部カガヤン・デ・オロ育ち。女優やモデルとして活躍している。

授賞式では、司会を務めた米コメディアンのスティーブ・ハーベイが優勝者を間違い、コロンビア代表のアリアドナ・グティエレス・アレバロさんの名前を読み上げてしまった。このため、昨年優勝者のコロンビア代表パウリナ・ベガさんが王冠をウォルツバックさんの頭に改めて乗せるというハプニングもあった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。