「しくじり先生」出演者はなぜ愛されるのか?

制作陣が語る、しくじりを"転換"する秘訣

しくじり先生出演者たちはなぜ愛されるのか?(写真左より企画演出の北野貴章さん、プロデューサーの金井大介さん)

特別番組として放送されるや否や、瞬く間に視聴者の心をつかみ、深夜帯から半年足らずでゴールデン進出を果たしたテレビ朝日系の人気バラエティー番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎週月曜よる8:00〜8:54放送)。「人生を最大にしくじった人から『しくじりの回避法』を学ぼう!」をコンセプトに、「しくじり先生」が番組オリジナルの教科書を開きながら、授業を行う番組だ。

本記事はリクナビNEXTジャーナル(運営:リクルートキャリア)の提供記事です
 

堀江貴文や浅田舞など、この番組をきっかけに意外な素顔が明らかとなり、ブレークを果たした出演者は数知れない。そして、同番組に欠かせないのが、しくじり先生が扇情的に話しながら見せるオリジナルの教科書だ。「ここまで話して大丈夫なのか」という内容が満載で、観終わったあとは「話せる技量がスゴイ!」と出演者に対する好感度がしっかりと上がる。

人生最大のしくじりをカラッと笑って話し、それをバネにするにはどうすればよいのか。同番組の企画演出を手がける北野貴章さんと、プロデューサーの金井大介さんに話を聞いた。

“俺”とは、企画者自身のことだった!

——「しくじり先生」が生まれたきっかけを教えてください。

企画演出の北野貴章さん

北野:深夜番組のADをやっていた頃、しくじってばかりいました。連絡しない、寝坊する、遅刻する、言うことを聞かないと、よく怒られていたんです。誤解のないように言わせてもらうと、わざとそうしているわけではなくて、結果的にそうなってしまっただけです。

そのせいで、1回はディレクターをやったのに、ADに降格させられた時期がありました。「お前みたいなやつは降格だっ!」と怒られたんですよ。

それで「もう嫌だ。なんで、こんなに怒られなくちゃいけないんだ」と思っていたのですけど、そんな風に常々思っていると、また余計にしくじるじゃないですか。それで「しくじり先生 俺みたいになるな!!」というタイトルで、「俺みたいにならないように」と後輩に伝える番組をつくったらおもしろいんじゃないかなと思って、特番の社内企画コンペに応募したのがきっかけです。

——ということは、「この俺みたいになるな!!」の“俺”は…。

北野:俺です。タイトルロゴも、深夜3時くらいに隣の席のAPさんの筆を借りて企画書に書いた文字をそのまま使っています。そのあと、デザイナーさんにも考えてもらったのですが、それがめちゃくちゃスタイリッシュで、少しイメージと違ったので「このままでいいか」と企画書の文字を起用しました。

次ページオンエアにたどりつくのは、10人中1人いるかいないか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。