センスのいい未経験者の中途採用も行っていく--エイチーム社長・林高生

センスのいい未経験者の中途採用も行っていく--エイチーム社長・林高生

「みんなで幸せになる会社にする」「今から100年続く会社にする」というのがエイチームの経営理念。その考えに賛同してくれる人材を積極的に採用していきたい。

ゲーム開発者を現在の100人から1年後には倍増の200人にするのが今の目標。大型の開発を複数走らせることができるようにしたい。そのために登録なしで自由に参加できる説明会「水9プロジェクト」など、独自の採用活動を強化している。

しかし、採用は簡単ではない。応募してくださる方は多いのだが、なかなか思いどおりの人材が集まってこない。われわれの募集方法にも問題があった。プログラミングの経験を持った人材を、経験を評価して中途採用するだけの方法だと、多様なバックグラウンドを持つ人材が集まらない。むしろプログラミングについては素人であっても、入社後に勉強してもらったほうがいい面もある。

3カ月間は勉強漬けに

そこで、経験者採用は続けつつも、センスのいい未経験者も採用することにした。採用試験でいくつかのテストを解いてもらい、問題解決能力や発想力を見る、という方法だ。新たに名古屋ルーセントタワーの36階の半分ほどを借りるが、ここにはセミナールームを設け、キャンプ形式で3カ月間、みっちりとプログラミングなどを教えていく。3カ月間は勉強することだけが仕事。その後に正式配属する、という流れを作り上げたい。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。