中国人エリートは日本人をこう見る 中島恵著

中国人エリートは日本人をこう見る 中島恵著

多くの日本人にとっては、銀座でブランドものを買いあさる中国人と、いまだ発展途上にある中国のイメージとが、まだ頭の中で整理されていない段階なのかもしれない。しかし、1980~90年代生まれの若者は確実に変わってきているという。

中国人が日本に来ていちばん感動するのがきれいなトイレ。日本人というと、真っ先に思い浮かぶのは、アニメや漫画、ゲームなどのサブカルチャーで、中国のオタクの間では、この三つを総称してACGと呼ぶそうだ。

なぜ日本が好きなのか。なぜ日本企業がすばらしいと感じるのか。日中両国に住む中国人の若手エリートおよそ100人が語る、にわかには信じがたい「日本論・日本人論」。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。