ナポレオンやメルケルが持つ指導者の「資質」

歴史の潮流を読み重要な選択をした偉人たち

現在の欧州で唯一偉大なリーダーとされるメルケル独首相(写真:ロイター/Hannibal Hanschke)

ワーテルローの戦いから200年。フランスのプライドを大きくくじいたナポレオンの大敗を、ド・ゴール将軍は自身の中でのフランス軍史から消し去った。そんなナポレオンだが、ド・ゴール同様、歴史の偉大なリーダーに含まれるであろうことは容易に想像がつく。

政治哲学者アイザイア・バーリンも述べているように、偉大なリーダーには二つの重要な基準がある。一つ目は、そのリーダーが歴史の潮流を認識しているかどうかだ。ビスマルクも、また同じくドイツ人のアデナウアーもそれができていた。ビスマルクの印象的な言葉を借りるなら、「神のマントのきぬ擦れの音」が彼ら二人には聞こえていたのだ。

二つ目は、リーダーが下すべき重要な選択肢があるか否かだ。これこそが、ド・ゴールが偉大なリーダーの一人に数えられる理由だ。第2次世界大戦後のフランスを彼はほぼ一人で立ち直らせた。1958年に権力の座に返り咲くと、アルジェリア戦争を終結させ、第五共和政の成立を実現し、フランスを再び救った。

サッチャーや鄧小平も

英国のチャーチル首相同様、ド・ゴールは戦後の世界秩序におけるフランスの立場が確立された、新しい世界観を国民に示した。

彼らに近いと言える英首相がサッチャーだ。英国初の女性首相であり、そして世界のほかの国も含め、ほとんど前例のなかった女性指導者であっただけでなく、英国経済を衰退から救い出した。英国が混沌の瀬戸際にあった時代に、彼女は過度に幅を利かせる労働組合と戦い、英国に秩序をもたらした。

次ページ人を動かす能力
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。