向谷実氏の新幹線シミュレーターが凄いワケ

CGではなく実写映像や音にこだわり世界へ

2014年ドイツの鉄道見本市で世界の話題をさらったE5系シミュレーター

列車の運転を映像や音で疑似体験できる「シミュレーター」。ゲームだけでなく実際の乗務員教習などにも使われる装置だが、なかでも実写による映像とリアルなサウンド、実物に忠実なシステムで知られるのが、鉄道ファンとして知られるミュージシャンの向谷実さん率いる「音楽館」が手がけたシミュレーターだ。20年前にパソコンゲームから始まったその技術は、プロの世界でも導入され、今では世界の鉄道関係者から注目を集めるまでに発展した。

今年7月に東京で開催された「UIC世界高速鉄道会議」。その会場で、海外のメディアや鉄道関係者から特に注目を集めていた展示がある。音楽館が開発したE5系新幹線のシミュレーターだ。

2014年秋にドイツ・ベルリンで開催された国際鉄道技術見本市「イノトランス」のJR東日本ブースに展示されたのを皮切りに、マレーシア、インド、シンガポール、アメリカなど世界各国を回り、高速鉄道会議でも目玉となった。

CGではなく実写にしたのがカギ

E5系のシミュレーターは、JR東日本の新幹線で使われている保安装置「DS-ATC」の動作も忠実に再現。地震発生時の非常ブレーキなど6つのシナリオを搭載するほか、日本語・英語の2言語に対応した優れものだ。イノトランスでは2時間待ちになるほどの反響を呼び、フランスの高速鉄道TGVやドイツのICEの運転士も「シンカンセン」の運転を体験したという。

なんといっても海外の関係者から注目を集めたのは「映像が実写であること」だった。コンピューターグラフィックス(CG)によるシミュレーターでは難しい、長距離の路線を再現できるためだ。

次ページ実写映像がなぜ優れているか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
本気になった富士フイルム<br>不正会計を機に大手術

「経営者に大事なことは、ピンチをチャンスに変えること」と語る古森重隆会長。富士ゼロックス海外子会社の不正会計発覚後、親会社の富士フイルムHDは関与を強め、出直しを図る。