ブラジルのサンタ養成学校で「特訓」始まる

クリスマスまであと2カ月

 10月27日、クリスマスが約2カ月先に近づく中、ブラジル南東部リオデジャネイロで地元の男性らがサンタクロースになるための学校で授業を受けている(2015年 ロイター/PILAR OLIVARES)

[リオデジャネイロ 27日 ロイター] - クリスマスが約2カ月先に近づく中、ブラジル南東部リオデジャネイロで、地元の男性らがサンタクロースになるための学校で授業を受けている。

男性たちは、サンタが着用する三角形の赤い帽子をかぶり、エクササイズをしたり講師の話に熱心に耳を傾けたりした。

この学校は1993年に設立され、歌、運動、サンタの衣装、ひげの手入れなどを教えているという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。