スポーツは、やはりネット中継するべきだ

サーフィン大会は世界で620万人が視聴

プロサーファーのガブリエル・メディナ (写真:Kirstin Scholtz/Association of Surfing Professionals via The New York Times)

2014年12月、21歳のガブリエル・メディナが、サーフィンの世界チャンピオンを目指してオアフ島のノースショアで勝負していたとき、彼の出身国であるブラジルで何百万人もが釘付けになっていたのはテレビではなかった。タブレットやラップトップPC、そしてスマートフォンだったのだ。

メディナが初めてタイトルを獲得した「ビラボン・パイプ・マスターズ」を、平均で620万人がインターネットの生放送で視聴した。この視聴者数は、2014年のNHL(全米プロアイスホッケーリーグ)スタンレーカップ決勝戦をテレビで視聴した米国人の数を上回るものだった。パイプ・マスターズは、米国のテレビでは一秒たりとも生放送されず、その代わりにユーチューブでストリーミングされた。

ネットなら、世界中のファンにアピールできる

WSL(ワールドサーフリーグ)CEOのポール・スピーカーは、「一般的なテレビとは直接的な関係を結びにくかった」と言う。「サーフィンはグローバルなスポーツで、つねに時差の問題がついて回る。それに、スウェル(うねり)が来るのを待っていなければならない」。つまり、サーフィンの試合を始めるには、波の状態が良くなるのを待つ必要があるということだ。「だから、ほかのスポーツのように開始時間と終了時間を決められない」。

次ページサーフ界の成功に続け!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。