格安で英語留学したければフィリピンへ行け

急増する日本人経営校で、何が学べるのか

フィリピン・セブ島の海辺

小学校の英語教育、企業でのグローバル化、訪日外国人の増加など、日本人にとって英語はますます身近になり、その必要性も高まっています。「今こそ本気で英語を身に付けたい」と感じているビジネスパーソンや学生は多いでしょう。

英語を身に付けるために有効な手段の一つが「海外留学」。とはいっても、欧米やカナダなどの英語圏の大学に通った場合、平均すると学費だけで1カ月当たり30万円ぐらいが必要になり、それに生活費や渡航費などが加わります。

一般的な社会人に海外留学はハードルが高い

特に一般的な社会人にはなかなか難しいものです。海外留学制度がとても充実している超大企業に勤めているような人以外は、かなりの自費を投じ、しかも1年単位の休職までしなければならないとなったら、そもそも金銭面で及び腰になってしまうのが普通でしょう。

「もっと手軽に英語を学ぶための留学ができないのか」。そんなニーズの高まりに乗って、急速に注目が集まっているのがフィリピンへの英語留学です。

「ここ最近、フィリピンでは日本人が経営する英語学校がすごい勢いで増えています」とリゾート地のセブ島で留学エージェントの仕事をしている若村雄介氏は言います。

筆者は最近、約2週間にわたってセブ島にある「Brighture」「QQEnglish」「サウスピーク」など主に日本人が経営し、留学生を受け入れている英語学校を5校回ってきました。今回はその現場で見聞きしたことを中心に、フィリピンへの英語留学の実像についてリポートします。

フィリピンで英語留学とはあまりイメージが沸かない人も多いでしょうが、タガログ、セブアノ語に加え英語が母国になっているのがフィリピン。アメリカ企業からのオフショアサービスとしてコールセンターの業務委託を多く受けているほど、国民のほとんどが英語を普通に話します。

大学教育レベルの教育を受けたフィリピン人だとネイティブクラスの英語、発音を身につけている人も珍しくはありません。明るい国民性やサービス精神に溢れるキャラクターが英語を教えるという職種に向いているという声も聞かれます。「欧米留学へのステップとして捉えている人も多い」(留学口コミサイトSchoolWithの太田英基代表)という話もあります。

次ページ最大のメリットは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。