意外に知らない「恋愛と結婚」の昭和史

デート、同棲、合コンは、いつ誰が始めた?

団塊世代から始まった、恋愛スタイルとは?(写真 : KAORU / PIXTA)
事件や出来事、流行した商品、音楽、ドラマ……。生きた時代によって、人間の経験には違いが生まれる。人生観、金銭観、恋愛観も、時代と環境によって、大きな影響を受ける。
だとすれば、「各世代の特徴と違い」を的確に知ることで、「年が離れた人」とも会話が弾み、相手への違和感も消える。ビジネスシーンや商品開発にも有効な武器になる。
新刊『日本初!たった1冊で誰とでもうまく付き合える世代論の教科書』は、戦後70年の6つの世代――「団塊世代」「ポパイ・JJ世代」「新人類世代」「バブル世代」「団塊ジュニア世代」「さとり世代」――を日本で初めて1冊にまとめて解説した本で、今、話題を呼んでいる。
新刊の発売を記念し、「世代論」の連載をスタートする。それぞれの世代の特徴とは何なのか? 「自分の世代」と「あの人の世代」との違いは? 共通点は?
今回のテーマは、「団塊世代から始まった、新しい恋愛スタイル」について。意外に知らない「恋愛と結婚」の昭和史を紹介する。

「団塊世代は、日本で初めて『デート』した世代」

ありそうでなかった! 日本人が大好きな「世代論」の教科書! 「団塊世代」から「さとり世代」まで、「全エッセンス」を日本で初めて1冊にまとめました!  本の冒頭には、流れと要点がひと目でわかる「巻頭付録」が付いています。これを見るだけでも面白い!

「戦後生まれの団塊世代は、日本で初めて『デート』した世代なんですよ」

20代の若者にそう話すと、みなさん驚きます。「男女がデートするのは当然では?」と思うかもしれませんが、団塊世代が若者の頃までは「不純異性交遊」などという言葉も残っており、若者の男女交際は危険視されがちでした。

戦後直後、1947~51年に生まれた団塊世代は、ずっと「時代の担い手」として、日本にさまざまな文化を根付かせてきました。

今では当たり前の「欧米文化」を取り入れ、「若者文化」を始めたのも彼らが最初です。日本で初めて「消費のトレンドセッター」としての若者像を生み出し、消費・文化を、若者自身がリードしていく社会を作り出していきました。

現在60代を中心にしている団塊世代は、およそ1000万人も存在するといわれていますが、実は、「恋愛と結婚」においても、現在の原型を作ったのは団塊世代です。

次ページ団塊世代が作った恋愛スタイルの原型とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。