ケーブルカーに16億円!大山観光電鉄の戦略

ミシュラン獲得し国際観光都市になる起爆剤に

屋根まで続くフロントガラス、ブリリアントグリーンのメタリックボディが印象的(撮影:大澤 誠)

丹沢山地の東端に位置し、古くから山岳信仰の対象として賑わったという神奈川県の大山。その大山を走るケーブルカー、大山観光電鉄に10月1日、約4カ月半の休止期間を経て待望の新型車両がデビューした。

50年前の開業以来となる新型車は、屋根まで続くフロントガラスと「ブリリアントグリーン」と呼ばれるメタリックの緑色に輝くボディが印象的だ。デザインは、小田急ロマンスカー「VSE」や「MSE」などのデザインを手がけた「岡部憲明アーキテクチャーネットワーク」によるもの。

新車の運行開始に先駆けて開かれた報道陣向けの試乗会で、岡部憲明氏は「大山の素晴らしい風景にふさわしい全く新しい車両として、形や色彩、内部の空間すべてに関してトータルなデザインで、新しいものを作り出したいと考えた」と、新車のデザインに込めたコンセプトを語った。

デザインもシステムも一新

その言葉通り、新型車はこれまでのケーブルカーとは一線を画す車両だ。

「ヴォールト型」と呼ばれる、ゆるやかなカーブを描く天井が印象的な室内からは、晴れていれば山麓駅側の大きな窓を通じて遠く相模湾までの眺望が広がる。登りの際には山麓駅側の乗務員席が乗客に解放され、最前列からの眺めも楽しめる。

次ページ小田急グループ全体で売り出す
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。