ノーベル医学生理学賞受賞の大村氏「賞は微生物に」

寄生虫薬の開発で功績

 10月5日、今年のノーベル医学生理学賞に北里大学名誉教授の大村智氏(80)ら3人が選ばれた。写真はスウェーデンのカロリンスカ研究所で発表された今回の受賞者3名のスライドの前で、インタビューを受ける同関係者。提供写真(2015年 ロイター/Fredrik Sandberg/TT News Agency)

[ストックホルム/ロンドン 5日 ロイター] - 今年のノーベル医学生理学賞に、北里大学名誉教授の大村智氏(80)ら3人が選ばれた。スウェーデンのカロリンスカ研究所が5日発表。寄生虫に起因する感染症に画期的な治療法を確立したことが受賞理由という。

大村氏のほか、アイルランド出身のウィリアム・キャンベル氏、中国のトゥー・ユーユー氏が受賞した。

大村氏とキャンベル氏は共同受賞。河川盲目症やリンパ管フィラリア症に効果がある薬剤イベルメクチンを開発した。

受賞の知らせを受けた大村氏は「私がノーベル賞をいただいていいのかという感じがしている。微生物を頼りに、微生物に教わってきたので、微生物に賞をあげたらいいのではないか」とTVのインタビューで語った。

日本人のノーベル賞受賞は23人目。医学生理学賞の受賞は米マサチューセッツ工科大学の利根川進教授、京都大学の山中伸弥教授に続く3人目。

トゥー氏はアルテミシニンという化合物を発見、マラリアによる死亡率の大幅低下に寄与した。同氏のノーベル医学生理学賞受賞は中国人で初めてとなる。

世界で約34億人が河川盲目症、リンパ管フィラリア症、マラリアに感染するリスクにさらされている。

*写真と内容を追加して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。