面白そうに振る舞える聞き手になれればいい--『聞く力』を書いた阿川佐和子氏(作家、タレント)に聞く

面白そうに振る舞える聞き手になれればいい--『聞く力』を書いた阿川佐和子氏(作家、タレント)に聞く

「インタビューは苦手」ながら始まった著者の週刊誌対談が、まもなく連載20年目に入る。10代のアイドルからマスコミ嫌い、政財界の大物までが彼女に心を開くのはなぜか。サワコ流「聞く極意」とは。

──名うての聞き上手に「聞く力」について質問することに、躊躇がありました。

ではキミ、ちょっと質問してごらん?

冗談ですよ。

ぶっちゃけた話、書くのは大変だった。こんなことがあった、あんな話もあったと、記憶を呼び戻して、それに対する教訓は何だろうと考えた。そしたら、とても本になるほどは書けないと言っていたのに、結局、十分膨らんで新書1冊になった。

──本の冒頭はインタビュアーとして適役でないという話に終始しています。

本当にそうだった。テレビ番組でインタビューに行くとスタッフから怒鳴られてばかり。何でそんなところを突っ込んで聞くのかなどと。連載がこんなに長く続けられるとは思ってもみなかった。

──満20年、さらに1000回記念、いずれお祝いが続きますね。

どうかな。900回を超えたときも、誰も反応しなかった。せいぜい、1000回に期待しましょうと声をかけられたくらいだった。

対談というものがエンターテインメントの雑誌で成立するのは日本だけではないか。ほかの国では、インタビューする際にテーマ性が強くあって、「どうですかね」「そんなあ」「これは関係ない話ですけど」といった言い回しまでが活字として入ることなどない。「意味のないもの」は削除するという考え方が基本だ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?