激震!10月1日から加盟店側に新たな負担

偽造カード対策を怠ると補償責任が発生

米国のVisa本社

世界最大のクレジットカード決済ネットワーク会社Visa(ビザ)は10月1日、日本および米国で「CHIPライアビリティシフト」(債務責任の移行)というルールの導入に踏み切る。

これは、ICカード化対応をしていなかった小売店のPOS端末などで偽造カードが使われた場合の被害の補償について、従来、カード発行会社(イシュアー)が負っていた責任を、加盟店側(加盟店または加盟店管理会社(アクワイアラー))に移転させるというものだ。すでにライアビリティシフトは欧州やカナダ、アジア太平洋諸国などで導入されているが、今回、最大市場の米国や日本でもルールを導入する。

IC化の遅れた国で偽造カードが横行する

米国では2013年から14年にかけて、大型小売店などのPOS端末を通じて数千万人分ものカードデータが流出する事態が相次いだ。盗まれたカード情報を元に偽造カードが作られて利用される被害も発生。大きな社会問題になっていた。これを踏まえて、14年10月にはオバマ大統領がカードセキュリティに関する大統領令に署名。米政府として国を挙げてクレジットカード取引のIC化を進めることを取り決めた。

官民を挙げての取り組みもあり、米国では今年の1年間に、カードおよび読み取り端末ともにIC化が大幅に進捗。12月末にはIC化対応のクレジットカードが70%以上、IC化対応のPOS端末が50%近くに高まると推定されている(15年初時点ではそれぞれ13%と2%)。

ICカード化は、偽造カードによる犯罪を抑止するための切り札とされている。かつて偽造カードによる被害が相次いだ英国やマレーシアでは、カードおよび端末ともIC化対応で処理された「CHIP ON CHIP取引」の比率が高まるとともに、偽造被害額が急減。逆に、対策が遅れた国に被害が集中するという現象が起きた。

ひるがえって日本はどうか。Visaの調べによれば、Visaブランドのカードでは7割近くにICチップが搭載されているが、POS端末(専用端末を含む)のIC化はわずか17%。しかも「ここ数年、端末のIC化率はほとんど上昇していない」(井原亮二・ビザ・ワールドワイド・ジャパン・リスクマネージメント担当シニアディレクター)。

というのも、百貨店やスーパーマーケットなどの端末のほとんどでIC化対応ができていないためだ。結果として、ICチップを搭載したカードであっても磁気読み取りの形で処理されているため、依然として偽造カード被害のリスクを免れない。

次ページ政府も対策を促す
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。