プロも溺愛する野田琺瑯「意外なトップ商品」

会社を救ったのは毎日台所に立つ妻だった

創業81年の野田琺瑯。最近はおしゃれなキッチン道具としても大人気。売り上げ1位はなんと……
シンプルな生き方や、丁寧な暮らしが注目される昨今。「本当に必要なモノとは?」「長く愛せる、使えるモノとは?」といった観点で消費を見直す人が増えています。しかし、「確かなモノ」を選ぶのはそう簡単ではありません。
そこでこの連載では、一部の人々が熱烈支持する「溺愛品」をピックアップ。知られざる溺愛の真相に迫りながら、モノとの向き合い方についても考えていきます。

 

昨今、常備菜や作り置き料理などのブームとともに、「琺瑯」(ほうろう)が改めて注目を集めている。

琺瑯は、酸や塩分に強く細菌の繁殖も防ぐため、食品の保存容器として愛用する人が増えているのだ。汚れもサッと落ちて洗うのがラク。冷蔵・冷凍だけでなく直火・オーブンもOKなので、保存から調理まで用途の幅が広い点も人気だ。

特に料理研究家などのプロも絶賛するのが、野田琺瑯の保存容器「ホワイトシリーズ」。人気スタイリストの伊藤まさこさんが著書で紹介したことで一気にブレークした。

その名のとおり、白一色の外観だ。清潔感があり、器としても食卓に出せるこの洗練されたデザインに魅了される人は多い。サイズや形、蓋の種類も豊富なので、個々のニーズに合わせて選ぶことができる。次々とファンは増え、発売から10年後の2013年には、「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞した。まさに台所に立つ人々の“溺愛商品”といえるだろう。

ところが、同社に問い合わせたところ、意外な事実が発覚した。確かにホワイトシリーズは売り上げ数トップの主力商品なのだが、実はここ10年、「売り上げ金額」で首位を誇るのは、別の商品だというのだ。

意外なトップ商品は……

野田琺瑯で売り上げトップの「ぬか漬け美人」

その隠れた溺愛商品の名は、「ぬか漬け美人」(3500円、税抜)。ぬか漬け専用の保存容器である。“ぬか床は毎日かき混ぜるもの”という認識が一般的かと思うが、なんとその必要がないという。

実はこれ、冷蔵庫での保存を前提に作られているのだ。低温保存では菌の活動が抑えられるため、少々放置しても腐らせる心配がない。猛暑日が続くような昨今の異常気象下でも、安定したぬか床を維持できる。

次ページ「ぬか漬け美人」が大ヒットした理由とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。