新型iPhone、今回のモデルは売れているのか

行列が消え、発売イベントは終始静かだった

午前8時、アップルストア表参道には40人が列を作った(撮影:大澤誠)

お祭り騒ぎだった昨年から一変し、今年はやや静かな発売日となった。9月25日はアップルの新機種、iPhone「6s」「6s Plus」の発売日。東京・渋谷区のアップルストア表参道でも、午前8時の発売開始に向けてカウントダウンが行われた。

「5、4、3、2、1、ゼロ!」。これと同時にユーザーがスタッフと笑顔でハイタッチし、ストア内に吸い込まれていく。毎年、そして全世界でおなじみの光景だ。

転売目的の外国人が消えた?

大粒の雨が降りしきる中、店頭に並んだのは40人。昨年は1300人以上が行列し、その列は表参道の交差点から青山通りの歩道沿いに伸び、最後尾は外苑前駅を超えていたほどだった。

ただ、今回、アップルは当日販売をせず、予約をしなければ商品を受け取れない仕組み(転売目的で並ぶアジア系外国人の影響を避けるため)としたため、行列も少数にとどまったようだ。

次ページ予約台数は多い?少ない?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。