ラグビー、日本が世界ランク11位に浮上

南アフリカは6位に後退

9月21日、ラグビーの2015年W杯イングランド大会、1次リーグB組初戦で強豪南アフリカを下した日本(写真)は、最新の世界ランキングで13位から11位に浮上した。英国ブライトンで19日撮影(2015年 ロイター)

[カーディフ 21日 ロイター] - ラグビーの2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会、1次リーグB組初戦で強豪南アフリカを下した日本は、21日に発表された最新の世界ランキングで13位から11位に浮上した。

19日の試合で日本に敗れた南アフリカは3位から6位に後退。レーティングが導入された2003年以降、最も低いランキングとなった。

23日に日本と対戦するスコットランドは10位から12位に下がった。

ニュージーランドの1位、オーストラリアの2位は変わらず。イングランドが3位に浮上した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働き方改革を実現する<br>仕事のスリム化

「ノーミーティング・ノーメモ」の方針を打ち出すカルビー。会議を効率化する日産自動車。朝型勤務者に朝食を支給する伊藤忠商事。従来と異なる発想で業務を効率化する企業に迫る。