クボタが海外生産拡大に本腰、タイや北米の生産拠点を急ピッチで増強

クボタが海外生産拡大に本腰、タイや北米の生産拠点を急ピッチで増強

トラクターや田植え機、コンバインを中心とする農機大手のクボタ。技術力の高さから主力製品はいずれも高シェアを誇る。トラクターに至っては、国内市場(2010年度販売は約4・4万台)の実に半分近く(同約2・1万台)がクボタ製だ。

震災後の原発問題などが影響し、国内市場は当初低迷が予想されたが、ふたを開けてみれば「岩手、宮城などは想定ほど減少していない」(クボタ役員)という。ただ、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の行方が、国内市場に影を落とす可能性がある。「TPPによる重圧は確かにある」と、クボタ役員。野田政権がTPP参加を表明したことが、国内農家の農機購買意欲を停滞させるのではないか、との懸念である。

縮小懸念のある国内市場を尻目に、クボタは軸足を成長余力のある海外へ移そうとしている。


関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。