マレーシアで首相退陣要求デモが活発化

90歳のマハティール氏、「民衆の力結集を」

 8月30日、マレーシアのマハティール元首相(写真中央)は、スキャンダルの渦中にあるナジブ現首相の退陣を求めるデモ活動に参加し、「民衆の力」を結集しようと呼び掛けた。30日撮影(2015年 ロイター/Olivia Harris)

[クアラルンプール 30日 ロイター] - マレーシアのマハティール元首相(90)は30日、スキャンダルの渦中にあるナジブ現首相の退陣を求めるデモ活動に参加し、「民衆の力」を結集しようと呼び掛けた。

かつてはナジブ首相を支持していたマハティール氏はデモ参加に先立ち、メディアに対し「彼(首相)を退陣させるため、民衆の力を示さなければならない。国民全体はこうした腐敗指導者を望んでいない」と述べた。

警察当局によると、この日のデモの参加者数は推計で2万5000人に上った。

一方、ニュー・ストレーツ・タイムズ紙(電子版)によると、アハマド・ザヒド・ハミディ副首相は「法律を犯すのなら相応の結果を受け入れなければならない」と述べ、デモの主催者が法的な責任を問われる可能性があると警告した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。