(第26回)発展可能性を持つ独立した零細企業

(第26回)発展可能性を持つ独立した零細企業

前回述べた「レベル4」は、従業員数20~300人程度の中小企業だ(製造業の場合)。これより小規模の企業を「レベル5」と呼ぶことにしよう。

中小企業基本法の呼び方では「小規模企業者」である。一般には、零細企業、町工場などと呼ばれる。実態は個人事業である。具体的なイメージとしては、映画『男はつらいよ』に出てくる「朝日印刷」を想像したらよいかもしれない。寅さんは、「やあ労働者諸君、今日も貧乏たらしく働いているか」と言うのだが、後で述べるように、レベル4や5の企業の中には、人工衛星の打ち上げに成功したところもある。

したがって、統計データの平均値では実態を捉えにくいところもあるが、まずは統計を見よう。経済産業省の「工業統計表」によれば、製造業で従業員数4~19名の事業所は全国で16・5万あり、従業員数は141万人だ。製造業全体に対する比率は、事業所数で70%、従業員数で18・3%、出荷額で7・1%である。

表の左3欄には、従業員1人当たりの数値を示す。まず注目されるのは、1人当たりの現金給与が小規模になるほど顕著に低下することだ。4~9人では281万円で、1000人以上の636万円に比べると44%でしかない。10~19人の326万円になって、やっと50%を超える。寅さんの言葉は、いまでも平均値としては正しいわけだ。

賃金が低いのは、生産性が低いからである。4~9人事業所の1人当たり出荷額は、1000人以上の17・2%でしかなく、1人当たり付加価値は35・4%でしかない。こうした生産性格差は、零細企業の資本装備率が低いためか、あるいは大企業が零細企業から搾取しているためか、このデータだけからは分からない。


関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。