ユニクロ、「週休3日」で楽になるわけではない

原則土日は出勤、ブラックイメージ払拭も?

ファーストリテイリングの柳井正・会長兼社長。新たな働き方の導入で、人材定着を図れるか(写真は4月撮影)

カジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが、10月から正社員の一部を対象に「週休3日制」を導入する。対象者は、国内約840店で働く転勤のない「地域正社員」約1万人で、全従業員のおよそ5分の1にあたる。ファーストリテイリング広報は「働き方の多様性に対応するために導入を決定した。増えた休みは自己研鑽などに使ってもらいたい」と話す。

人事部で事前に各店舗へヒアリングした結果では、地域正社員のうち約2割が週休3日制を希望しているという。大学院通学や趣味にあてるなど、それぞれ多様な時間の使い方を想定しているようだ。

ファーストリテイリングは地域正社員制度を2014年6月に導入。パートやアルバイトなども正社員に採用されるとあって、その数は1万人まで増えたが、目標とする1万6000人には届いていない。そこで「今回の週休3日制で魅力が高まり、入社してくれる人が増えればいい」(ファーストリテイリング広報)という狙いもある。

高い離職率の歯止めも狙う

同時に人材の流出を防げるとの算段もある。2009年に入社した新卒社員は、3年以内に5割が退職。その後、人事制度を変更するなどして改善したものの、2012年入社の場合でもすでに3割が退職しており、依然として離職率は高い。毎年大量に辞めていく人を補うための採用コストや、教育コストも負担だ。

ユニクロの国内店舗はここ数年増えていないが、スクラップ&ビルドで店舗の大型化を進めているため、1店舗あたりの売り場面積は拡大している。

次ページ実はすでに多様な勤務形態
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。