あなたにも出来る!社労士合格体験記(第41回)--病院のベッドで、本試験のカウントダウン

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第41回)--病院のベッドで、本試験のカウントダウン

2006年8月の社労士試験までの1週間は、悲壮感あふれるものでした。衝撃波で尿管結石の石を砕くため、救急車で運ばれた病院から転院したのが21日(月)。すぐに施術を受け、翌22日(火)に退院。まだ、血尿状態でしたが23日(水)から仕事に復帰し、26日(土)まで働き、27日(日)試験当日を迎えました。

振り返ってみれば、受験できただけでも奇跡だったのかもしれません。入院中の枕元には、3回分の模擬試験の問題と解答。やはり本試験の傾向をつかむためにも、受験予備校が厳選して出題した問題にあたることは、直前期に欠かせないと考えたからです。

入院中ですから、勉強時間は捻出できます。しかし、慣れない病院のベッドではどうも落ち着きません。トイレへ行くために点滴を引きずりながら、試験で問われそうな数字を暗記するという、笑い話にもならないような泥縄状態でした。

やる気はあるが、体が弱い

受験会場は前回と同じ、妻の母校の青山学院大学。午前10時半に試験は始まりました。慢心から1点差で合格を逃してしまった、前年のような失敗をしないようにと、気をつけようとはするものの、体がついていきません。

頭に浮かぶのは聖書から引用された、英語で依頼を慎ましく断るときに使う、“The spirit is willing but my flesh is weak”(やる気はあるが体が弱い)という決まり文句。そういえば中国語にも「心有余而力不足」(心余って力足らず)という同じ意味の言葉があったなあなんて。

こんな状態ですから、結果も推して知るべし。午前中の選択式から集中力を欠き、午後の択一式でも挽回することはできず、前年のリベンジはおろか、さんざんな返り討ちに遭ってしまいました。何事も体調管理ができていなければ思うようにはいきません。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。