3万9872社--2002年以降に「消滅」した製造業者数《気になる数字》

帝国データバンクが行った国内製造業の実態調査によると、2002~10年に破産や特別清算、休廃業、解散によって消滅した国内製造業者は約4万社にも上ることがわかった。

推移を見ると、ITバブル崩壊後の02年に4915社を記録した後、景気回復とともに消滅企業数は徐々に減り、05年には3795社まで減少した。しかし、その後は再び増加。リーマン危機の影響が顕在化した09年には5120社、10年も4589社が消滅。02年からの累計で、消滅企業は3万9872社に達した。

国内製造業全体の売上高を見ると、10年の売上高は339兆5862億円で、10年前の00年と比べて13兆8482億円(3.9%)の減少となった。

業種別の内訳では、9業種中、自動車製造、蓄電池製造が10年前と比べて売り上げを伸ばした一方、残りの7業種はすべて減収。中でも電子計算機製造、民生用電気機器製造、金属工作機械製造は3割を上回る減収となった。

規模別では、売上高1000億円以上の大企業が5.3%増と売り上げを伸ばしたが、1000億円未満の企業は減収。売上高10億円未満の中小企業は22.8%と最も減少率が大きくなっており、国内製造業が過去10年間、業績の低迷に苦しんできたことがわかる。

今年は東日本大震災に加え、原料高、円高と業績圧迫要因が重なっており、空洞化に拍車がかかることになりそうだ。

(『東洋経済 統計月報』編集部 =週刊東洋経済2011年10月29日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。