横浜ベイスターズ買収交渉で、ディー・エヌ・エーは株価が大幅下落

横浜ベイスターズ買収交渉で、ディー・エヌ・エーは株価が大幅下落

19日朝に、プロ野球・横浜ベイスターズの買収を交渉中と発表したディー・エヌ・エーの株価が大幅に下落した。寄り付きから下落して始まり、一時は8.2%安の3125円をつけ、結局、終値は7.93%もの大幅な値下がりとなった。
 
 携帯ソーシャルゲーム「モバゲー」で、極めて高い成長性と利益率、そして強固な財務基盤を有するうえ、もともと年間200億円規模の広告宣伝費を投じるディー・エヌ・エーにとって、横浜ベイスターズ運営のコスト自体は大きな負担にはならない。
 
 しかしながら、スマートフォンへの対応や、グローバル市場での競争など、同社の事業環境はまだまだ急速かつ大きな変化が予想される。当然、大きな投資を迫られる場面も出てくるはずだ。
 
 そんな中で、かつてほどの人気もなく、効果が国内市場に限られるプロ野球に大きな投資をすることが果たして効率的なのか。そうしたマーケットの懸念が株価に表れたと言えそうだ。

◆ディー・エヌ・エーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
メルカリ&ZOZOTOWN<br>流通新大陸の覇者

流通業界で新旧交代が起きている。新しい主役は「ネットで服は売れない」という常識を覆したゾゾタウンと、フリマアプリで新市場を作ったメルカリ。拡大する流通新大陸をリポート。