あなたにも出来る!社労士合格体験記(第39回)--日本で外国人労働者を雇うためには

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第39回)--日本で外国人労働者を雇うためには

2006年の夏休み、1カ月後に2度目の社労士試験を控えていましたが、言い訳に教科書を携えて上海に住む友人、楊桂琴さんを訪ねることにしました。当時外部スタッフとして担当していたNHK「地球ラジオ」でも、秋に上海から公開放送が予定されていたので、本番前に現地の雰囲気を見ておいて損はありません。上海に行くのは、なんと20年ぶりです。

妻は貯まったマイレージを使うため、仕事を終えて8月1日に出発の予定でしたが、私は7月中の格安航空券を利用するため、前日に現地に入りました。待ち合わせは、当時アジアで最も高かった上海テレビ塔(東方明珠電視塔)に正午12時、1番上の展望台にしようという、映画のような設定でした。妻を待ちながら、展望台から眺める上海は、20年前とはまったく違う、洗練さと勢いを感じさせる大都市に変身していました。

リニアでタイムスリップ

私が初めて中国を訪れた1980年代半ばの上海は、まだ、人民服姿がちらほらと見受けられました。外国人旅行客を相手に、外貨兌換券(外匯)を闇レートで人民元に両替する人たち。ホテルでは部屋があっても、「没有」(ありません)と断られることもしばしば。レストランでは正規の食券(糧票)を持っているかどうかを尋ねられ、必死で頼み込んだのを懐かしく思い出します。

地下鉄もなくバスはいつも満員で、「下不下?」(降りますか)との問いに、しっかり「下」(降ります)」又は「不下」(降りません)と意思表示しないと、降りられなかったり、押し出されたりと大変でした。また、トイレ事情が極めて悪く、上海駅の便所では数え切れないほどの大型のポリバケツに、尿が満杯になっていて閉口。空気も悪く、「不能随地吐痰」(所構わず痰を吐くのは禁止)という看板が多いのもうなずけるほど、ステキな若い女性までが痰を吐いていて、びっくりしました。

その後、目覚ましい経済発展を遂げ、アジアの中心都市となった上海。最高速度430キロで走行する、浦東国際空港から地下鉄龍陽路駅までのリニアモーターカー(上海磁浮列車)は、まさにタイムマシンに乗るような気分でした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。