料理に「MS-DOS」を持ち込んではいけません

マルチタスクで効率的に進めましょう

さて、ぼへちゃんのようにおいしいご飯を作ろうと、今日はだんなくんが腕をふるったようです。

ところが、お料理を作るのに3時間もかかっちゃったようです。いったいどうしてそんなに時間がかかったんでしょう。

だんなくんいわく、「だって、まずお湯をわかすでしょ、だしを入れるでしょ、みそ入れて、おみそ汁つくってから、ええっと煮物つくるために野菜を切るでしょ、次に煮始めるでしょ、味付けするでしょ、それからそれから……」

そんなの1個ずつ作ってたらダメだよ!全部いっぺんに始めなきゃ時間が掛かるに決まっているでしょ!

重要なのはマルチタスクです。並行にすすめれば、合間、合間の時間にいろいろなことができるので。これはコンピュータのCPUと一緒です。うまくリソースを配分して使うのです。シングルタスクじゃ、いつまでたっても料理は終わりませんよ。

ところが、だんなくんはコンピュータは得意でも料理のほうは不慣れなので、ひとつのことをやり出すと、それで頭がいっぱいになってしまうようです。

「ぼくは、シングルタスクOSのMS-DOSなんだ!」って開き直っていますよ……。もうWindows 10の時代になりましたが、懐かしい響きですよね、MS-DOS。若い人はもう知らないかな?

猛暑が続いています。熱中症に気を付けて、明日からもお仕事がんばりましょう!

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。