新国立競技場、「説明が不十分な部分も」

菅官房長官が会見で発言

 7月16日、菅義偉官房長官は、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の整備をめぐって、国民への説明が十分ではなかった部分もあると述べた。1月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 16日 ロイター] - 菅義偉官房長官は、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の整備をめぐって、国民への説明が十分ではなかった部分もあると述べ、文部科学省を中心に丁寧な説明が求められているとの認識を示した。

16日午前の記者会見で語った。

同競技場の建設は、当初1300億円程度とされていた総工費が約2倍の2520億円にまで増え、与野党から批判が相次いでいる。菅長官は「計画の見直しについて決定したわけではない」とする一方、総工費が膨らんだ理由などの検証は必要と強調した。

 

 

(梅川崇)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。