「イギリス社会」入門 日本人に伝えたい本当の英国 コリン・ジョイス著/森田浩之訳

「イギリス社会」入門 日本人に伝えたい本当の英国 コリン・ジョイス著/森田浩之訳

イギリス王室には「外国」の血が色濃く入っている。ウィリアム王子の結婚でイギリスが盛り上がった理由の一つは、妻になった女性が紛れもない中流階級のイギリス人だったことにある。その女性の母親が「pardon」と言い(上流階級なら「sorry?」と言う)、「toilet」という言葉を使う(上流なら「lavatory」か「loo」)、と新聞は書いている。ご当人は結婚式の「常識」を一歩先に進めて、それぞれの「元カノ」「元カレ」を招待した。報道が正しければその数は計6人だ──。

こんなロイヤルウエディングの新常識から、社会の真相に迫る奥深いテーマまで、ユーモアたっぷりに解説。特に「イギリスびいき」にはこたえられない「英国ガイド」。

NHK出版新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。