対話の現場/予想外の反応の価値 対話が成立する要件

対話の現場/予想外の反応の価値 対話が成立する要件

北川達夫 日本教育大学院大学客員教授

ありがとう! 飛行機の機内で、乗客の韓国人男性が、客室乗務員に声をかけた。客室乗務員は立ち止まってほほ笑み、軽く会釈をして通り過ぎた。

ありがとう! 韓国人男性は、別の客室乗務員に向かって手を振りながら、声をかけた。その客室乗務員も、韓国人男性に対してほほ笑みながら、軽く会釈を返した──。

「ごきげんよう」(フジテレビ系列・7月22日放映)というトーク番組で、韓国の音楽グループ「超新星」が語ったエピソードである。日本に向かう機内で、メンバーの一人が日本人客室乗務員に何かを頼もうとしたのに、どうしても相手にしてもらえなかったとのこと。

このメンバーは日本語が不得意だった。日本語の得意なメンバーから、客室乗務員に声をかけるときは、「すみません」と言うとよい、と教えてもらっていた。ところが、いつの間にか「すみません」を「ありがとう」と取り違え、客室乗務員に「ありがとう!」と声をかけ続けていたというのである。

気が利かない--と、客室乗務員の対応を非難するのは簡単だ。しかし、わが身に置き換えて考えると、唐突に「ありがとう」と言われたら、ほほ笑んで会釈するしかないような気もする。感謝の意を表明している(としか思えない)相手に、その意図を問いただすのは難しい。

これは、対話の成立について考えるうえで、面白い事例である。

あらゆるコミュニケーションは、一方が呼びかけ、もう一方がそれに応えることによって始まる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。