ビール大手が繰り広げる買収合戦、鼻で笑う海外メジャー

「こんないい案件はめったにない」。8月2日、都内で開かれたキリンホールディングス(HD)の緊急記者会見。その席上、三宅占二社長が手放しで喜んだ買収先は、ブラジル2位のビール大手スキンカリオール・グループだ。約2000億円で株式の50・45%を取得した。日系企業による海外ビール会社の買収額では過去最高。新興国の代表格であるブラジルでの買収も初めてとなる。

キリンに限らず、国内ビール業界は近年、海外でM&Aに積極的だ。国内市場の縮小に、潤沢な手元資金と円高という追い風から、今年に入り海外企業の買収、出資案件は大手ビール4社で合計10件近くに上っている。その多くがアジア・オセアニア市場で、まさに日系企業による陣取り合戦の様相だ(図)。

外資4社でシェア過半 大型再編はすでに一巡

が、日系企業の海外進出を鼻で笑うのが、海外のビールメジャーだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。