2011~2015年の中国経済 田中修著

2011~2015年の中国経済 田中修著

過度な投資依存などの問題を抱えながら量的拡大を続ける中国経済を、著者は「毎年人間ドックを欠かさない成人病患者」に見立てる。本人たちも問題点はよく把握しているし、どのように生活習慣を変えるべきかもわかっている。だが、改革を実行できずにいるため、検査のたびに数値が悪化しているというわけだ。

健診の数値に当たるのが経済統計ならば、経済運営のあり方を示す5カ年計画は、さしずめメタボ対策の方針だろうか。本書では、今年から2015年までの中国経済の方向性を指し示す第12次5カ年計画の詳細に加え、その策定プロセスまでも丁寧に解説されている。「社会主義市場経済」の下で経済政策がどのように決まっているのかを簡便に知ることができる。

著者は北京の大使館勤務以来、中国経済を定点観測してきた官庁エコノミスト。膨大な公文書や現地メディアの報道を丹念に読み込んでまとめており、資料的な価値も高い。

蒼蒼社 2310円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。