日本人の「食欲」は世界をどう変えた? 鈴木裕明著

日本人の「食欲」は世界をどう変えた? 鈴木裕明著

グローバル社会の中で、日本人の美食好きは、はたして世界にどんな影響を与えてきたのかを、商社で世界の食料の流れを分析する経済アナリストが読み解く。たとえば、マツタケ、イベリコ豚、サケなどは、日本人が注目したことにより高級食材になったり産業が興ったりして、輸出国に経済効果をもたらしている。逆にマグロは、日本人が好んで食べることによって資源の枯渇が唱えられている。

グローバリゼーションによって、食材は世界市場を駆け回るようになった。それは好むと好まざるとにかかわらず、先進国も開発途上国も巻き込んでしまう。ならば、開発や貿易の弊害を最小化し、利益を最大化する努力をしようとも論じている。

メディアファクトリー新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。