世界の一流は驚くべき場所で商談していた!

超富裕層の年間スケジュールはとんでもない

世界のセレブが集まるカンヌ映画祭やアフターパーティでも、商談が活発に行われているようだ(Steve Allen/PIXTA)

6月初め、地中海のコート・ダジュールに面したアンティーブ岬。ベンチャーキャピタリストで美術品収集家のジャン・ピゴッツィは、彼が「サーキット」と呼ぶルートからしばし離れ、プールサイドで貴重な休みを楽しんでいた。

1月にスイスのダボスで世界経済フォーラムに出席した後、バンクーバーに飛んでTEDのカンファレンスに参加。ロシア人のIT投資家ユリ・ミルナーや、グーグルの共同創業者兼CEOのラリー・ペイジらと「ビリオネアズ・ディナー」のテーブルを囲んだ。

その後はニューヨークで美術品のオークションに参加し、カンヌ国際映画祭へ。プールサイドで開いたパーティには、映画監督のウディ・アレンや女優のユマ・サーマン、マイクロソフトの共同創業者で資産家のポール・アレンが現れた。

6月中旬はスイスのバーゼルで開催される現代美術のフェアー「アート・バーゼル」を訪れ、イギリスでウィンブルドン選手権を観戦してから「地中海の偵察」へ。超大型ヨットでフランスのサントロペからイタリアのポルトフィーノ、カプリ島を巡る夏の恒例行事だ。

「世界各地を回って仲間に会う。まさにサーキットだ。もちろん、パーティもたくさんある。でも、驚くほどたくさんのビジネスも成立する」

新しいソーシャルカレンダー

画像を拡大
現代のニュー・リッチはだいたいこんな具合に1年を過ごしている(Peter and Maria Hoey via The New York Times)

現代のニュー・リッチには、年間の回遊パターンがある。従来の富豪にとって、旅は基本的に余暇と季節を楽しむものだった。夏はニューイングランドで潮風を浴び、冬はパームビーチの太陽の下でゴルフに興じた。

しかし現代の富豪は、人と会うことやエンターテインメント、知的なステータスを求めて、毎月のように地球を縦横に渡る。G5やサイテーションなどのプライベートジェットで群れを成して移動する彼らのあいだには、経済会議やエンターテイメントのイベント、エグゼクティブが集うパーティ、美術品のオークションなどが続く新しいソーシャルカレンダーができている。合い言葉は「アート・バーゼルで会おう」。

次ページ世界を飛び回るVIPたち
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。