菅首相退陣後の新政権で望ましい枠組みは?--東洋経済1000人意識調査

菅首相退陣後の新政権で望ましい枠組みは?--東洋経済1000人意識調査

菅首相は6月に退陣を表明したものの、その退陣時期を明らかにせず、永田町は混乱状態が続いている。退陣後の枠組みについて、「民主党政権」は少数派。「民主、自民の大連立」が31.8%とトップになった。これまでの民主党の政治には失望感がかなり強いのかもしれない。


関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。