列島強靭化論 日本復活5カ年計画 藤井聡著

列島強靭化論 日本復活5カ年計画 藤井聡著

公共事業論、特に地域コミュニティや国民意識、財政、マクロ経済などを総合的に見据えて、国土や都市などについて政策提言を専門とする著者は、今回の東日本大震災の復興は基本的には5年でできると説く。

そこで肝になるのが、被災地の人々の幸せな暮らしの再生をうたう「ふるさと再生」ビジョン。地元の想いを反映しながら住民と行政が一体となって、柔軟な町づくりを推進する。このビジョンを発展させれば、経済の停滞やこれからも連発しかねない巨大地震などの天災をも乗り越えられる“強靭”な国家を10年でつくり上げられるという。

震災復興から、さらにその先の日本の姿をもとらえて論じられている。

文春新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。