外国人絶賛、北朝鮮で大人気の地ビールとは

日韓の「有名ブランド」にも負けていない?

平壌市内の大同江(テドンガン)ビール工場内にあるビアホールは、なかなかおしゃれ。1杯1米ドル程度で飲むことができ、外国人にも平壌市民にも大人気だという

梅雨入りして気温も上昇、日増しにビールがおいしくなる季節。そう思いたくなるのは日本人だけではない。なんと北朝鮮でも、そんなビール感覚が市民の間で広がっている。 

「韓国のビールよりもおいしい」

「あれはおいしかった」。北朝鮮を訪問して帰ってきた外国人が異口同音に懐かしむのは、北朝鮮産のビール「大同江(テドンガン)ビール」だ。

大同江とは、平壌市内を流れる北朝鮮を代表する河川の名前。北朝鮮には「龍城」(リョンソン)、「鳳鶴」(ポンハク)といったビールが以前からあるが、いまや主流は大同江ビールだ。ホテルやレストランでビールを頼めば、ほぼ間違いなく大同江ビールが出てくるほどポピュラーなビールになった。

北朝鮮にはビールも複数の銘柄あるが、いまビールといえば。大同江がすっかり主流になった。よく見るとラベルには番号が振ってあり、アルコール度数や原料の配合の違い、黒ビールなどで番号が違っている

記者が昨年9月に訪朝した際にも、ビールを頼むと必ず大同江ビールが出てきた。味はホップの香りも高く、コクが効いていて確かにおいしい。日本のビールと比べても遜色はないし、韓国のビールよりもおいしく感じられた。

平壌・大同江の南側、主体(チュチェ)思想塔近くにこの工場があるが、隣接するビアホールは外国人観光客の定番コースにもであるとともに、多くの平壌市民がのどを潤す場所として定着している。

次ページ「ロシアや中国のビールに負けるな」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。