レシピ考案から合コンまで!進化するAI

奇想天外だけど意外といい

AIが考案した「チョコとのりの煮込み」。意外と美味しい?(撮影:福光恵)
編集部からのミッションは、「人工知能と交流してきて」。彼らに使われる日が来る前に、ひとつ、稽古をつけてやりますか。

 

人工知能(AI)と言えば、そもそも人の脳のまねっこ。なのに数十年後には「人の脳を超える」ともされる不義理なヤツでもある。ホントにそんなことあるの?と疑念を抱きつつ、話題の3つのAIと交流した。

(イラスト/土井ラブ平)

まず最初は、もっとも有名なIBMの人工知能型コンピューター「ワトソン」だ。

2011年、米国のクイズ番組でクイズ王を負かし、巨額の賞金をゲットしたことで有名になったワトソン。実は「シェフワトソン」として料理界にも進出していた。このシェフの仕事は料理じゃなくて、新しい料理の創造。つまりレシピ作りだ。アメリカの料理雑誌「ボナペティ」とコラボして作った英語のサイト「コグニティブ(認知)・クッキング」に行けば、いつでもそのお知恵を拝借できる。

奇想天外だけど美味

さっそく訪ねてみた。食材などを指定すると、その場でワトソンが創作料理を考えてくれる。「ボナペティ」にある9000のレシピのパターンを学習し、食材の成分情報などと合わせて、人知を超えた料理を編み出すらしい。家の冷蔵庫に本当にあった食材を指定してみる。今でしたら「チョコレート」「のり」なんかがご用意できますが?

加えて画面で「日本食」「煮込み料理」などをチョイスすると、すぐさま、「チョコレートとのりの日本風煮込み」なるレシピを提案してきた。

辞書を片手にレシピに示された他の食材を求めてスーパーに走り、レッツ認知クッキング!

「ふたをして1時間半、はずして1時間半以上煮込む」

など、途中けっこうなむちゃぶりもあったけど、修業と思ってほぼレシピ通りに調理を進めること4時間。チョコとココアパウダーとのりにまみれた、妙に黒っぽい鶏と野菜の煮込み料理が出来上がった。

次ページ意外にまずくない?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。