デジカメ増産のニコン、なぜ海外部品を選んだか

デジカメ増産のニコン、なぜ海外部品を選んだか

ニコンが主力の一眼レフデジタルカメラについて、大幅増産することが明らかになった。2012年3月期の生産台数は、前期比30%超の約540万台に引き上げられるもよう。生産計画は公表していないが、期初では前期比微増の慎重な見通しと思われる。販売も「前期の429万台から微増」との期初想定より上振れしそうだ。

ニコンは一眼レフ生産の9割をタイ工場で手掛けていることから、本来なら東日本大地震の直接の影響は限定的。だがイメージセンサー(撮影素子)を中心に、一部部材が調達難に陥っていた。そのため「6月までは稼働率が低下し、本格回復は秋になるのではないか」と見込んでいた。

想定外の増産に踏み切る決め手となったのが、海外部品メーカーとの取引の開始だ。米アプティナイメージング社から、一眼レフ用撮影素子の供給を受けるもよう。

実は震災前から、ニコンは新たな供給元を模索していた。10年夏、需要に見合う撮影素子を調達できず、フル生産を逃したからだ。アプティナは三洋電機に撮影素子の納入実績があり、ニコンは三洋からコンパクトデジカメのOEM供給を受けている。この経緯で今回の商談に発展したとみられる。撮影素子の主要調達先のソニーも回復基調にあるが、結果的に海外からの基幹部品調達へ舵を切った。

さらにコンデンサーなど汎用部品の海外調達を積極化したのも奏功した。「部材調達は好転、前倒しで安定しそう」とニコンも認める。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。