ドル円一時125円台後半、9月米利上げも

米雇用統計を受け、13年ぶりの円安に

 6月5日、午前のニューヨーク外国為替市場は、ドルが一時、円に対して約13年ぶりの高値水準をつけた。写真は1万円紙幣。都内で2013年2月撮影(2015年 ロイター/Shohei Miyano)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 5日午前のニューヨーク外国為替市場は、ドルが一時、円に対して約13年ぶりの高値水準をつけ、対ユーロでも急伸した。5月の米雇用統計で雇用の伸び加速が確認され、最短で9月に利上げが行われる可能性が強まった。

ドルがユーロや円、スイスフランに対し1%超上昇。ドル/円<JPY=>は一時、125.74円の高値をつけた。

直近でドル/円<JPY=EBS>が、1.02%高の125.635円。ユーロ/ドル<EUR=EBS>は1.11ドルを割り込み、1.25%安の1.10985ドル。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。