中国転覆船をクレーンで180度回転

不明360人の生存絶望視

6月4日、中国湖北省の長江(揚子江)で起きた旅客船転覆事故で、当局は船体の引き揚げ作業に着手した。写真は乗客の家族ら、監利で4日撮影(2015年 ロイター/Aly Song)

[監利(中国) 5日 ロイター] - 中国湖北省の長江(揚子江)で起きた旅客船転覆事故で、当局は5日、クレーンで引き揚げ作業を行い、船体を180度回転させた。国営メディアによると、これまでに確認された死者は82人で、依然として360人が行方不明となっている。

中国交通運輸省の報道官は4日の記者会見で、「現在の状況を考慮すれば、生存者がいる可能性は極めて低い」とコメントした。

現場では200人以上の潜水士が捜索にあたり、新華社によると、救助隊は船底に穴を開ける作業も行ったが、生存者の発見には至っていない。58歳の母が乗船していたという女性(33)は、「覚悟はできている」と現在の心境を語った。

乗員乗客456人を乗せた大型客船「東方之星」は1日夜、竜巻に巻きまれて転覆。救助されたのは船長や機関長ら14人にとどまっている。

*情報を更新しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。