「アベノミクスに成長戦略はない」は本当か

金融緩和で日本の観光産業は高成長軌道に

(写真:KAORU / PIXTA)

外国人観光客は通年で1500万人超のペース

2014年頃から、日本を訪れる外国人観光客の数が大きく増えているが、2015年になっても勢いはほとんど衰えていない。先日判明した4月の訪日外国人は、前年比43%も増えた。もし、1~4月のペースで外国人観光客が増え続けると、通年で1500万人を超えると観光庁は認識している。

日本の株式市場においても、外国人旅行者によるインバウンド消費の恩恵をうける、百貨店や量販店が関連銘柄とされ、関連する企業の株式についてアップサイド(価格上昇余地)の可能性が議論されるなど、日本の金融市場においても訪日客の動向は注目されている。

実際に、この1~2年、街を歩く外国人旅行者の数が目に見えて増えていることを実感されている方も多いのではないか。旅行者を中心に訪日外国人が増えているのは、ビザ要件緩和などの政府による対応が後押しした面もある。

ただ、2014年からの外国人旅行者が大きく伸びていることに最も大きく影響したのは、2013年以降のドル円の変化であろう。アベノミクス発動で1ドル80円前後だった「超円高」が是正され、日本の観光サービス業という「輸出産業」の価格競争力が高まったということだ。

次ページなぜ円安=すぐに輸出増とならなかったのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。