「虹彩」で認証できる世界初のスマホとは?

<動画>富士通が開発した新しい認証機能

ナレーションは英語で本文が日本語訳です(音量にご注意ください)

日本のスマートフォンユーザーは、目を瞬きするほどの短時間でロックを解除できるようになった。日本の最大手携帯電話キャリア、NTTドコモが、世界初の虹彩認証スマートフォンを発売すると発表したのだ。

このスマートさを極めた携帯電話は、画面を見つめるユーザーの目の虹彩部分を認識して、ロックを解除する。

今月下旬に発売される、富士通「ARROWS NX F-04G」に搭載されている最新機能だ。「Iris Passport」システムを使うと、約1秒でロックを解除できる。所有者の目の特徴を学習していくので、使えば使うほど、認証がより正確になっていく。

日本最大手の携帯電話キャリアであるNTTドコモは、今月下旬にこの機種を発売する。開発チームの一員であるコウヘイ・オクの話によると、新機能により携帯電話自体のセキュリティが向上するので、携帯電話を使った決済がより安全になるという。「ひとことで言ってしまうと、煩わしさが全くなくなります。今までの方式ですと、手動でIDとパスワードを入れる必要がありました。しかし虹彩認証を使えば、画面を見るだけでそれらを自動的に入力することができます。そこが強みだと思います」。

このスマートフォンには赤外線照明が搭載されているので、暗い場所でもユーザーの虹彩を素早く認識できる。便利そうな機能だが、中には使えない人もいる。「Iris Passport」は、カラーコンタクトレンズを入れていると認証できないのだ。

(シャロン・ライク記者)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。