スマホでここまでスゴイ鉄道写真が撮れる!

まずは「駅撮り」の基本を押さえよう

スマホの機能は格段にアップ。ひと工夫すれば、本格的なデジカメがなくてもレベルの高い写真が撮れるようになってきた(筆者撮影)

今や、生活の必需品になったスマートフォン。いつも持ち歩いて素早く使えるスマホは、鉄道趣味にもさまざまなシーンで生かせるガジェットです。特に最近のスマホはカメラの機能が著しくアップしており、本格的なデジタルカメラがなくても、かなりハイレベルな写真が撮れるようになりました。

快速「あいづライナー」で描写力を比較!

この連載の過去記事はこちら

まずはこちらの写真を見てください。この3枚は、それぞれ筆者が所有するiPhone5、Androidスマートフォン、そしてミラーレス1眼カメラで撮影した快速「あいづライナー」。順番は入れ替えてありますが、どれがどのカメラで撮った写真かわかりますか?

まずは1枚目。

 

快速「あいづライナー」の1枚目

さらに、2枚続きます。

次ページ「駅撮り」の基本とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。