安倍首相「架け橋プロジェクト」の狙いとは?

シリコンバレーと日本をどう結ぶのか

4月30日、スタンフォード大学で講演する安倍首相(写真:ロイター/アフロ)

4月30日、安倍首相は歴代の現役首相として初めてシリコンバレーを訪問。フェイスブック、テスラモーターズのCEOはじめ現地のベンチャー経営者や投資家などと積極的にミーティングを持ちました。スタンフォード大学では、「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」を発表。本稿では、同プロジェクトの目的と内容を説明します。

 安倍首相のシリコンバレー訪問

安倍首相は、米国ワシントンDCでの日米首脳会談や米国議会での演説の後、歴代の首相として初めてシリコンバレーを訪問し、現地の経営者、起業家、投資家、大学関係者などと積極的に会いました。

テスラモーターズ本社で、イーロン・マスクCEOの運転する「モデルS」に試乗、フェイスブック本社を訪問し、マーク・ザッカ―バーグCEOと面談。ツイッターのディック・コストロCEO、ヤフー創業者のジェリー・ヤン氏、スクエアの創業者のジャック・ドーシー氏はじめ、著名なシリコンバレーの経営者とも意見交換をしました。

そして、シリコンバレーの中心であるスタンフォード大学では、ジョン・ヘネシー学長とともに公開シンポジウムに出席し、その冒頭スピーチで日米の起業家、ベンチャー企業、中堅・中小企業のつながりを強化する「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」を発表しました。

次ページシリコンバレーと日本の架け橋
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。