英キャサリン妃が第2子の女児出産、王位継承4位

王位継承順位はジョージ王子に続く4位

 5月2日、英王室は、王位継承順位2位のウィリアム王子(32)の妻、キャサリン妃(33)が、ロンドンのセント・メアリー病院で第2子となる女児を出産したと発表した。写真は第2子誕生を告げて回るタウンクライヤー。ロンドンで撮影(2015年 ロイター/Cathal McNaughton)

[ロンドン 2日 ロイター] - 英王室は2日、王位継承順位2位のウィリアム王子(32)の妻、キャサリン妃(33)が、ロンドンのセント・メアリー病院で第2子となる女児を出産したと発表した。母子ともに健康だという。

キャサリン妃は陣痛が始まったため、同日午前6時ごろにウィリアム王子に付き添われ入院。同8時34分に出産した。女児の体重は約3700グラム。

第2子出産の知らせは王子夫妻の両親のほか、エリザベス女王にも伝えられたという。

キャサリン妃は2013年7月22日に第1子のジョージ王子を出産した。

第2子の継承順位は、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ジョージ王子に続き4位となる。

*写真を差し替えて再送します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。