【産業天気図・家電/AV】薄型テレビは年末競争激化。米国景気の動向も不安要因

家電業界では、ソニーや日本ビクター、パイオニアなど今第1四半期決算で赤字組が続出。薄型テレビなどのデジタル家電は爆発的な普及期に入ったものの、予想以上の製品単価の下落が業界各社を苦しめている。
 今や家電の主役となった薄型テレビの単価下落幅は、年3割前後にも達する。この年末にかけて価格競争がさらに熾烈化するのは必至の情勢で、家電業界は、まさに“我慢の時期”にある。売上高構成が高い米国の景気動向の及ぼす影響も不確定要素だ。
【渡辺清治記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。