タコス屋「タコベル」は日本をどう攻める?

海外部門トップに聞く、日本再上陸の勝算

ひき肉やレタス、トマト、サワークリームなどをトルティーヤで包んだ「クランチラップスプリーム」(680円)
 一度は日本を去ったメキシカンフードの外食チェーンが再上陸を果たす――。その名はTaco Bell(タコベル)。4月21日、東京・渋谷に1号店がオープンする。
 タコベルは1962年に米・カリフォルニア州でグレン・ベル氏が創業。その後、店舗網を拡大し、現在は米国で6250店、米国以外の26カ国でも250店を展開するグローバルブランドに成長した。週間来客数は世界中で4200万人以上にのぼる。
 同社の看板商品は「タコス」だ。トウモロコシの粉や小麦粉を焼いたトルティーヤに肉やレタス、チェダーチーズなどの具材が入っており、注文を受けてから調理する。そのほか、肉、サルサ、ライスなどをトルティーヤで巻いた「ブリトー」も定番商品の1つ。いずれのメニューも肉などの具材をカスタマイズできるのが特徴だ。
 価格は、単品のタコスが320円、ブリトーが500円(いずれも税抜き、以下同)。タコス2つにポテトなどのサイドメニュー、ドリンクをセットにした商品は790円とした。
 タコベルは1980年代後半に東京や名古屋へ進出したが、業績が低迷し1990年代前半には撤退。今回、約20年ぶりの日本での展開となる。今回の進出で興味深いのは、焼き肉チェーン「牛角」のFCや釜飯店「とりでん」など、2014年末時点で429の飲食店を運営しているアスラポート・ダイニングとフランチャイズ契約を結んだことだ。
 というのも、タコベルは本場米国では、ケンタッキー・フライド・チキンやピザハットの運営企業であるヤム・ブランズの傘下にある。両ブランドを運営する日本KFCホールディングスをパートナーとするほうが自然な流れだったはずだ。
 なぜ、今回の再進出でアスラポートをパートナーに選んだのか。さらに、日本市場での勝算やグローバルでのタコベルの成長について、どのような青写真を描いているのか。来日したタコベル インターナショナル(海外部門)のメリッサ・ロラ社長を直撃した。

できたてを食べられるのが"売り"

――タコベルの強みは何か。

タコベルは、若々しくてエネルギーに満ちあふれたブランドだ。社内では「メイド・トゥー・オーダー」と呼んでいるが、注文を受けてから商品を作るので、できたてを食べられるのが特徴の一つだ。

次ページなぜ今、再上陸するのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。