あなたは、「缶詰」の真実を知っていますか

あの王道の果物を見かけないワケ

缶詰バー mr.kanso

金属缶に詰めて密封することで食品の長期保存を可能とする「缶詰」。東日本大震災以降、「いざというときの備え」として自宅や職場などに常備されている例も少なくないだろう。

世界では1200種類以上の缶詰が生産されているが、中でも、日本は有数の缶詰生産国であると同時に有数の缶詰消費国でもあり、国民1人あたり年間33缶を消費しているというデータもある。

「缶詰バー」や「グルメ缶」が流行

最近では、缶詰料理をつまみにお酒が飲める「缶詰バー」なる店が続々出店していたり、明治屋からは厳選素材で作った究極の缶詰、「おいしい缶詰」シリーズなるものが発売され、いわゆる「グルメ缶」と呼ばれるジャンルが大流行したりしている。

そんな缶詰に、ふと疑問が沸いてきた。そもそも「缶詰になる食品」と「缶詰になっていない食品」。この差って何なのだろうか?

「缶詰バー」では「酒のつまみになるかどうか」が重要なポイントになり、明治屋では、「アヒージョやデミグラスソース、燻製など家庭では再現しにくい本格的なものかどうか」が商品化の基準になっているという。だとしたら、果物のような「素材モノ」の缶詰の場合、一体誰が、どういう基準で缶詰化しているのだろうか?

そこでTBSテレビ『この差って何ですか?』取材班は、現在日本で販売されている果物の缶詰を徹底調査してみた。あつめに集めた果物の缶詰は、全部で16種類!おなじみの白桃やみかんから、びわ・あんず・いちじくなど、普段スーパーではめったに見かけない変わったものまであった。

ところが、である。「イチゴ」や「バナナ」や「すいか」といった、王道のイメージがある果物には缶詰がないのだ。いったいなぜ!? 日本缶詰びん詰レトルト食品協会の藤崎享氏に話を聞いてみた。

「缶詰は、そもそも長期保存を目的とした製品」(藤崎氏)であることが、ポイントだという。つまり、その果物が季節や地域によって収穫できず手に入らないものである場合、それを年中食べられるようにするために、缶詰にしているということなのだ。確かに言われてみれば、イチゴやバナナ、すいかは、ハウス栽培や輸入などによって、日本国内では一年中いつでも食べられるわけで、わざわざ缶詰にする必要がない。納得である。

次ページではなぜ「あんず」や「びわ」が缶詰に?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。