「花まる学習会」は、公教育をどう変えるのか?

大人気塾のメソッドが公立小学校に!

花まる学習会の狙いとは?(写真は代表の高濱正伸氏)
 今、最も勢いのある私塾「花まる学習会」の新しい動きが話題になっている。この4月、佐賀県武雄市で「官民一体校」をスタートするのだ。花まるメソッドを公立小学校に入れるこの取り組みは、いったいどんなものなのか? 同会代表の高濱正伸氏にお話を伺った。

 花まる方式導入で、朝の時間が変わる!

――「花まる学習会」が公立小学校と一緒に取り組みを始めるということで、話題になっています。具体的に、4月にスタートする「官民一体校」ではどんなことをされるのですか?

要するに、公立小学校のカリキュラムの中に、うち(花まる学習会)のノウハウを入れながら子どもたちを伸ばす教育をしていこう、ということです。学校と塾がそれぞれのメリットを持ち寄って、よりよい仕組みを作っていこう、という狙いですね。

たとえば朝、授業が始まる前の15分ほどの時間に「モジュール授業」(短い時間に区切って行う学習)を行うのですが、ここにうちのメソッドが入ります。

たとえば「計算」なら、そのモジュールを週1回ずつ1年間やっているだけで、5年生が終わった時点でたったひとりの漏れもなく、全員が5年生の計算ができるようになっている。そういうものです。

モジュール授業の目的は、子どもたちの空気を活性化することにあります。漏れなく全員に発声させるとか、いろんな手法を使って「今日もやるぞー!」というふうに、子どもたちを活気づかせるのです。

――やる気をうまく引き出すのですね。

そこでいちばん重要なのが、「前の自分よりも伸びる」という基礎ルールです。

次ページ花まるの教育はここまで違う!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。